2004年07月25日

甲子園と同じ理屈

27時間テレビ 楽しくなければテレビじゃない (フジ)

今まで起きてみています。
クズです。生まれてきてすいません。(真顔・そして流石に眠くて半目)
#F1の予選も観ましたよ。ミカがいなくなって以来(涙)久々に観た。

この手のテレビはなぜか地元が出ると力を入れてみてしまいます。
甲子園と同じ理屈です。きっと。

…ところでまるっきりやる気の感じられない福島テレビ(アナウンサーも報道メインのキャスターだし、報道フロアに出る人だけが集まり、挙句の果てに後ろにいるダースベイダーは明らかに“アートオブスターウォーズ展”の宣伝…)はどうかと思う…いくら毎年イマイチスベっているからといって。
でもしゃくれキャラは面白いのでがんばるように、相良さん(福島テレビ代表)。
posted by 鳥維ヒカル at 07:05| Comment(9) | TrackBack(0) | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月24日

笑いの美学

27時間テレビ 楽しくなければテレビじゃない (フジ)

“笑わず嫌い”のとんねるずSPを観てます。
今年の27時間ははっきり言ってまったく観る予定なかったんだけど。

とんねるず復活コントは…“え?うっかりびっくりですよね、それは”と思ってしまいつつ、ラブ、と心の底から思うワタクシはTN Lounge会員ですよ。(本当)

懸命にやっていることを見せることを良しとしない姿勢。
それを貫く姿勢に笑いの美学を感じます。
どこまでも完璧主義な貴明氏と、天才肌の憲武氏。
…あたい、やっぱりこの人たちが…好き…。

この人たちのすごいところは、先行する領域を作り、それを当たり前にしてしまう力を持っていることだと思います。

最早誰も触れないけれど、この人たちの作った造語で、今現在当たり前に使われている言葉が意外に多いと思っているのは私だけかな、みたいな。
posted by 鳥維ヒカル at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月22日

人間の証明 第3話

人間の証明 (フジ・公式)

ここまで人間が人間くさい“フィクション”っていうのはいっそ観ていて清々しい。…でも正直主役の2人が一番人間くささを感じなくてがっくし。いい意味で言えば綺麗すぎ。…まあ、予想はしていたけれどもな…。
でも途中から観た割に(原作未読)、思ったよりは楽しめたので今後も観ます。

思ったより(失礼!!)好演していた高岡蒼祐氏に今後も期待。杉村(バトル・ロワイアル)もそうだったけど、科白が吹き出しじゃなくて、全部モノローグ(。・○←こういう吹き出し(わかりにく…い……))みたいな役を演じるのが上手いなぁ…天然なのか計算なのかが非常に微妙な感じだが…(微苦笑)

そして新選組!(NHK)では舞妓さんを可愛らしく演じていて萌えた(…)平岩紙ちゃんがロリィタなお洋服で蘇州夜曲を歌っていて…!!もうきゅんきゅんしました…!!可愛らしい歌声にも激萌え…!!!!!

あー…そういえば、松下奈緒ちゃんって顔好みだわぁ…でも観たことあるわぁ、この子…と思ったら…仔犬のワルツ(NTV)でし…た……_| ̄|○

…んでさ。…山崎樹範氏って…テニス歴2年の堀尾くんですよね!?
(……そんなことを考えながら観ていた自分はだいぶどうかと思う_| ̄|○)
posted by 鳥維ヒカル at 23:29| Comment(0) | TrackBack(1) | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月21日

人間の証明

人間の証明 (フジ・木曜22時)

竹之内豊氏が正直あまり好みでないので、他のキャストには魅力を感じつつも観る気なかったんだけれど、CFであれ?と思って公式サイト観に行ったら、映画“バトル・ロワイアル”で杉村を演じていた高岡蒼祐氏が出ていることを知って(遅いです!!)観ようと決意。おじさま陣はかなりストライクゾーンの役者さん揃いなので(大杉漣氏、國村隼氏ラブ)期待。

#防備録的メモでした。
posted by 鳥維ヒカル at 02:12| Comment(0) | TrackBack(0) | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年06月26日

野球は楽しい

キャノンスペシャル 野球 その素晴らしき世界
キャッツのマスターこと佐藤隆太氏がなかなかいい味を出しておられました。ジャグジーに入りながら観る野球もなかなかありえない感じだったけど、クライミングのようなさまでグラブ持ってるのは強烈にありえない光景でした(真顔)

それにしても、紹介されてたアメリカの独立リーグ。
まさに野球はエンターテイメントなのだなぁ、と思いました。
“観に来るのが楽しい野球”
…いいよね。やっぱりそれが理想なんだと思うよ。

日本の野球はどこに行くんだろう。
取敢えず日々のニュウスを観ながら、毎日何かしらスットコドッコイなことを抜かす某新聞社のオーナーに呪詛を紡ぐ毎日。
球界再編に伴う痛みは一体どこまで広がっていくのか。
(横浜・生き残りには合併やむなし / 日刊スポーツ)
posted by 鳥維ヒカル at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

“野球 その素晴らしき世界”

・キャノンスペシャル 野球 その素晴らしき世界

報道ステーションからの流れで観てしまいましたが、意外と(失礼!)面白かったわー。

栗の樹ファームって、HPでしか知らなかったけど、えらい広大なところなのねぇ…でも栗山先生曰く“子どもが喜ぶおもちゃ箱みたい”と言っていたログハウスの中はどう見てもコレクター魂に満ち溢れていたと思うんですが如何か。

第二夜も観ます。小宮山悟氏ラブ。
posted by 鳥維ヒカル at 00:21| Comment(0) | TrackBack(0) | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。